わんにゃんテーブル

メールアドレス:hanakara@vesta.ocn.ne.jp   

 市販フードの成分を入力する

市販フードと手作り食を併用したい場合があるかと思います。
その場合、方法は2つ。

1)手作り食だけで、基準をクリアするようなレシピを作る。
   この場合は、フードの成分を追加入力しなくてもいいですね。

2)市販フードの成分も計算に入れて手作り食を作る。

市販フードの成分が全部わからないことも多いかもしれません。
わからない成分があるときは、「この栄養素は、フードの成分が入っているはずだから、もう少し多いはず」ということを頭の隅に入れておきましょう。


 市販フードは、「サプリメント」シートに100gの成分を入力する

使用量が100gの場合は、「結果」シートのD列に 1、 30gの場合は0.3と入力してね。


市販フードのビタミンA、Dは、IU で表示されていることが多いと思います。
「サプリメント」シートなら、換算しないでそのまま入力できます。

もし、メーカー以外のサイトで、フードのビタミンA、Dが、mgやμgになっていたら、問い合わせてみた方がいいかもしれません。(記述が間違っている場合もありますから)


ビタミンEについては、食品なら、1mg=1.49IU とできますが、フードの場合はどうなんでしょう? もう、誤差の範囲としましょうか。 「単位のおさらい」参照

 入力が済んだら、何度もチェックする

      何度もチェックする


 例:ウォルサム〈猫用〉PHコントロール・スターター

ウォルサムの療法食は、成分の書き方がわかりにくく、100gの成分を計算するのはちょっと面倒かもしれません。
以下に、計算例を説明しています。


■ サイトに書いてある成分

1)保証成分値(重量百分比)
粗たんぱく質:32.5%以上
粗脂肪:13.0%以上
粗繊維:3.5%以下
粗灰分:9.2%以下
水分:8.5%以下

2)分析値(100kcalあたり)

カルシウム:0.2g
カリウム:0.26g
リン:0.18g
マグネシウム:0.02g
鉄:4.91mg
銅:0.55mg
亜鉛:5.32mg
クロール:0.60g
ナトリウム:0.31g
セレニウム:0.007mg
EPA+DHA:0.08g
タウリン:0.05g
アルギニン:0.44g
ビタミンA:727.3IU
ビタミンE:14.3mg
ビタミンC:5.19mg
ビタミンD3:38.96IU ビタミンB1:0.73mg
ビタミンB2:1.45mg
パントテン酸:1.61mg
ビタミンB6:1.19mg
ビタミンB12:0.005mg
ニコチン酸:4.55mg
ビオチン:0.086mg
葉酸:0.39mg
コリン:64.94mg

3)カロリー含有量:385kcal/100g(代謝エネルギー)

■ 100gあたりの数値を求める

1)保証分析値より
(○○以上、○○以下とありますが、もう、それは無視しましょう)

たんぱく質:32.5g
脂肪:13.0g
繊維:3.5g (これは、たぶん「不溶性繊維」です)
灰分:9.2g
水分:8.5g

炭水化物 ≒ 100g - たんぱく質 - 脂肪 - 灰分 - 水分
       = 100g - 32.5g - 13.0g - 9.2g - 8.5g
       = 36.8g

2)100kcalの分析値より
385kcal=100g ということは、100kcal≒26g
上記の100kcalの数値は、約26gの数値だということがわかります。
100gあたりの数値は、【上記100kcalの分析値】を100/26倍すれば求められます。

ウォルサムの計算例

    単位のおさらい参照
    ここでは、ビタミンE 1mg=1IUとしました。


 [サプリメントシート] の記入例


ウォルサムの記入例1


ウォルサムの記入例2


ウォルサムの記入例3


ウォルサムの記入例4


ウォルサムの記入例5


ウォルサムの記入例6


[結果シート]に入力した例

「 1 」と入力すると、100gとなります。

ウォルサムの記入例7



わからない場合は、サプリメントやフードのデータをお知らせいただければ、データ入力してお送りすることもできますので、メールでお問い合わせくださいね。

 このページのtopへ