わんにゃんテーブル

   

 もっと便利に

基本の使い方は、おわかりいただけたでしょうか?
もっと便利に使えるように、工夫してみましょう。

 動物性たんぱく質を計算しよう

腎臓疾患などで、たんぱく質が制限された場合、たんぱく質の内、どのくらい動物性で摂れているかが気になることがあります。
そういう場合は、計算してみてください。

H15のセルは空欄になっています。
「データ」シートを見て、動物性たんぱく質を足し算して、その合計を入力してください。
食品名の右に「たんぱく質」がくるようにスクロールすると見やすいです。
数式で入力することもできます。

動物性たんぱく質・・・魚介類 ・ 肉類 ・ 卵類 ・ 乳類

 並べ替え用成分表を使おう

レシピを作っているファイルの「成分表」シートでは「並べ替え」はできないので、並べ替え用成分表を用意しています。
わんにゃんテーブルの成分表全部、肉類、魚介類、野菜の4種類あります。
ダウンロード用のページから、ダウンロードしてください。

並べ替え用成分表を使えば、食品をある栄養素の多い順、少ない順に並べ替えることができます。

たとえば、鉄の多い順に並べ替えたいときは、鉄の列が見えるようにスクロールし、鉄の列のどれでもいいので1つセルをクリックする。

鉄の列の1つのセルをクリック

ホームタブの右の方、並べ替えとフィルターをクリック。

ツールバーの編集 ツールバーの並べ替えアイコンをクリック

はい、終わりー! カ〜ンタン。

このファイルは、並べ替えを行うためにシートの保護をしていません。
作業が終わったら、保存しますか? いいえで終了されることをお薦めします。
このファイルは、栄養計算のファイルとは連動していませんので、もし、何か数値を消したりしてしまっても大丈夫です。

 食品比較表を作ろう

「食品比較」シートを使って食品比較表を作ってみましょう。

1.まず「わんにゃんテーブル」を開いて、「食品比較」とでも名前をつけて保存します。

「レシピ作成」シートで、比較したい食品を選びます。グラム数は、100にします。

2.たとえば、こんなのを作ってみます。

「レシピ作成」シートの食品名の欄に「かたくちいわし・煮干」「さくらえび-素干し」「ごま-いり」「ひじき・ほしひじき」を出します。
食品名4つをコピーします。

「かたくちいわし・煮干」「さくらえび-素干し」「ごま-いり」「ひじき・ほしひじき」


[食品比較]シートの貼り付けたいセルを右クリック、貼り付けのオプションの【値】をクリックして貼り付けます。

   

3.[食品比較]シートに、比較したい栄養素を入力します。

比較したい栄養素名を入力した図


「データ」シートから、その栄養素の部分をコピーし、
「食品比較」シートに、貼り付けのオプションの【値】をクリックして貼り付けます。
こんな感じ。

値を貼り付けた図


もちろん、紙に書いて作ってもいいんですよ。この「比較表」を作っておくと、結構便利なんです。

 このページのtopへ