わんにゃんテーブル

メールアドレス:hanakara@vesta.ocn.ne.jp   

 新しくレシピを作る

ここでは、新しくレシピを作るときの使い方を説明します。
  もうすでに手作り食をなさっている方は、今のレシピを入力してみましょう。

今あげているご飯を計算してみると、推奨量に足りない栄養や多すぎる栄養が出てくるかもしれません。
食材を工夫したり、サプリメントで補ったりして推奨量に近い食事に変える場合は、今の食事から1種類ずつ、様子をみながら1ヶ月くらいかけて変えていってくださいね。
急に変えると、体がついていけないかもしれません。


「あれ?まちがえちゃった」というときには、元に戻すこともできます。

元に戻す

「ちょっとだけエクセル」も参考にしてね。


 1.動作確認テストで「テスト」と名前つけたファイルを開く

「動作確認テスト」から続けて作業している方は、開いていますね。

「名前をつけて保存」します。名前は、わんにゃんの名前や、使った食材、日付など。

ファイル→名前を付けて保存


ファイルにつけた名前は保存した後でも変えられます。
(右クリックの[名前の変更]または、ゆっくりダブルクリック)


 2.今入っている食品群、食品名、グラム数を消去する

下のどちらかの方法で、範囲を選択して[Del]キーを押すと、全部消えます。

範囲の選択方法1

範囲の選択方法2

サプリメントも忘れずに消去します。(若〜中齢成犬用の例)

範囲の選択方法3


 3.1日に与えるカロリーを消去する

ここには、今、何か数字が入っていますね。いったん、消しましょう。

与えるカロリーを消去


 4.体重を上書き入力する

体重の上書き

今は、犬用なら10.0kg、猫用なら4.0kgと入力されています。
あなたのわんこさん、にゃんこさんの体重を上書き入力してください。


 5.日数を入力する

今は、1日分となっています。
数日分を作ることもできますが、まずは、1日分で作りましょうか。

日数はそのまま


 6.レシピを作る

食品群、食品名、グラム数を入力します。
方法は、「動作確認テスト」で覚えましたね。
食品群名、食品名、グラム数は、コピーして貼り付けると、他の行に持っていくこともできます。

食品を探す場合は、「成分表」シートもご覧下さいね。 「Q&A」も参考に。

成分表シートをクリック


 7.カロリーが出てくる

このレシピのカロリーが出てくる

このレシピのカロリーが出てくる


 8.1日に与えるエネルギーを決める

手作り食をあげていて、体重もちょうどいい感じに維持できている場合は、今、出てきた「このレシピのエネルギー」を入力しましょう。

1日に与えるカロリーを入力


今の食事よりもカロリーを減らしたい場合や、どのくらい与えればいいかわからない場合は、「参考カロリー」を見てみましょう。
「結果の見方」シートへ、移ります。


結果の見方シートへ


下の方に体重別参考カロリーの表があります。

参考カロリー表の体重入力

今は、犬用なら10.0kg、猫用なら4.0kgと入力されています。
あなたのわんこさん、にゃんこさんの体重を上書き入力すると、右の表に参考カロリーが出てきます。

この表で出てきたカロリーは、あくまで目安です。
レシピを作って、食べてもらって、体重を計って、適正カロリーをみつけてください。

とりあえず、このくらいかなというカロリーを決めましょう。
決めたら、

結果シートへ

「結果」シートの「1日に与えるエネルギー」のセルへ戻ってきましたね。

1日に与えるカロリーを入力


何日分になるか計算されている


1日分になっていなかったら、1日分に近くなるようにレシピのグラム数を調整しましょう。


 9.レシピ名を入力する

レシピができあがったらレシピ名を書いておくと、印刷したときに分かりやすいですね。
わんにゃんの名前、使った食材、日付などわかりやすいように工夫してね。

レシピ名の入力


 10.印刷する

印刷の方法は、「動作確認テスト」の各ページでしています。

レシピを見ながら作りたいですよね。私は、透明のクリアファイル?クリアフォルダーって言うんでしたっけ、あれにはさんで、台所のタイルに吸盤に洗濯ばさみのついたもので、吊り下げて見ています。これなら、水がはねても平気。お試しあれ。

メモ欄も設けてあります。お気に召していただけたかどうかや、ウンチの様子などのメモにご利用くださいませ。


 このページのtopへ