わんにゃんテーブル

   

 動作確認テスト 低たんぱく低リン

1. ダウンロードしたファイルを開きます。

「レシピ作成」シートが開いていると思います。
もし、開いていなければ、左下のシート名をクリック。

レシピ作成シートをクリック


左上の名前を確認しましょう。この種類で合っていますか?

若〜〜中齢成犬用


合っていれば、「テスト」と【名前を付けて保存】します。

ファイル→名前を付けて保存

 

2. ダウンロードしたファイルには、「説明用レシピ」を入力しています。

「説明用レシピ」を完成させて、基本の使い方を覚えましょう。
セルB8 をクリックして、▼をクリックします。

セルB8をクリック

 

3. 食品群リストが出てきますから、下にスクロールして 「肉類」 をクリック

スクロールして肉類をクリック

 

4. 右横の セルC8 をクリックして、▼をクリックします。

注意 : 食品群名を選んでいないと、食品の▼は出てきません。

セルC8をクリックして、▼をクリック

あら、今度はリストが真っ白。
食品群によっては、一見、真っ白なものがあります。
上にスクロールすると、食品名が出てきます。

真っ白なのでスクロール


「若鶏・もも、皮つき-生」 をクリック。

「若鶏・もも、皮つき-生」をクリック

 

5. グラム数を半角で入力します。

セルD8 をクリックし、 10 と入力して、【Enter】キーを押します。

セルD8をクリック

はい、これで「説明用レシピ」は完成しました。

 

6.プリントアウトしてみましょう。A4用紙で印刷範囲を設定しています。

印刷プレビューで見てみてね。

ツールバーの印刷プレビューをクリック


プリンターの設定がOKなら、印刷をクリックすると印刷が始まります。


ファイル→印刷プレビュー


完成したレシピの計算結果を見てみましょう。「計算結果の見方」へお進みください。

 計算結果の見方


 このページのtopへ