わんにゃんテーブル

メールアドレス:hanakara@vesta.ocn.ne.jp   

 穀類はどろどろに

犬はオオカミの仲間  猫は小さなライオン

と、どこかに書いてありました。お気に入りのフレーズです。
犬は、雑食性ではあるけれども肉食動物だし、猫は完全な肉食動物です。
それは、消化管の長さの違いや、歯の構造をみてもわかります。

犬の消化管の長さは体長の約6倍。猫は約4倍。
草食動物の馬(12倍)や牛(20倍)よりも、はるかに短いです。

また、歯は人間のように穀類を上手にすりつぶすようにはなっていなくて、肉をひきちぎれるように鋭くとがっています。
犬や猫はほとんど丸呑みでしょうから、人間のように口の中で消化が始まるわけではなくて、胃で消化が始まるんですね。
野生のイヌ科やネコ科の動物は、獲物の消化管で半分消化された植物を食べます。

彼らがペットになってからの歴史は長いでしょうが、体はそう簡単には進化してないのではと思うのですが。。。

こういうことを考えてみると、わんにゃんのご飯に穀類を使う場合は、十分加熱して、できればペースト状にしてあげた方がいいのでは、と思います。
猫でも白米は消化できると言われていますが、五分づきや胚芽米、玄米、雑穀類になると消化は悪くなりそうです。

老齢になると消化能力も衰えるでしょうし、疾患を抱えていたり、体調が悪いときに、消化にエネルギーを使わせたくありませんね。
フードプロセッサーか、ミキサーでペースト状にして消化を助けてあげたいです。
火を通した野菜類も、一緒にペースト状にしてあげた方がいいかしら。

ウンチに形が見えるかどうかも目安にはなるでしょうけど、胃や腸がフル活動した結果かもしれないわけですし。。。

ヒトは、今日はあっさりとお茶漬けで、いや雑炊がいいかしらと思うときがありますが、彼らにとっての「あっさり」は、もしかしたら「生肉だけごはん」だったりするのかなあ・・・なんて思ったりもします。