わんにゃんテーブル

メールアドレス:hanakara@vesta.ocn.ne.jp   

 調理方法の一例

1.厚手のおなべの中をざっとぬらし、薄く切った野菜を、煮えにくいものから入れる。アマランサスの粉を使うのなら、ここで野菜に振りかける。

2.加熱する肉類・魚介類を、野菜類にかぶせるようにのせ、こげつかない程度の水を入れて、ふたをして蒸し煮にする。内臓肉・魚には、完全に火を通す。

3.(2)が冷めたら、他の食材と一緒に、フードプロセッサーでペースト状にする。カルシウム、鉄、亜鉛、食物繊維のサプリメントは、ここで加える。

4.さくらえび素干しや煮干は、粉にしてトッピングしてもよい。トッピングだけを食べないように注意。
肉類はペースト状にしないで、角切りにして後で混ぜてもよい。

5.何日分か作った場合は、残ったものは冷蔵保存または冷凍保存する。
温めるときは電子レンジは使わずに、ご飯の入れ物より一回り大きなボールに熱湯を入れて湯煎で温める。水分が少ないようなら、水かお湯を足す。

6.食べる直前に残りのサプリメントを混ぜる。

この作り方だと、野菜類を最低限の水と加熱時間で調理できるので、栄養の損失もおさえられるかなあと思ってます。それに、野菜類に内臓肉や魚の味がしみこむかもしれないし。