わんにゃんテーブル

 

 基本の7食品 ー 犬

「牛の肝臓」「豚の肝臓」「煮干し」「かつお削り節」「小麦はいが」「かぼちゃ(西洋)-冷凍」「ほしひじき」を健康な子の基本の7食品と考えました。疾患がある場合は、そのままは使えないと思いますが、参考にできる部分があるかもしれません。
(かぼちゃの冷凍は(西洋)と書いていなくても、すべて西洋かぼちゃだと思います。冷凍の方が扱いやすいかと思っただけなので、冷凍でなくてもいいです。)

 「まぎらわしい食品名・用語」

400kcalのレシピを作る時
牛の肝臓 10g  豚の肝臓 6g  煮干し8g  かつお削り節 2.5g
小麦はいが 8g  かぼちゃ(西洋)-冷凍 30g  ほしひじき 0.3g

豚の肝臓の量を変更しました。8g→6g(2017.11.16)

この7食品で約93kcalになりますので、残り約307kcal分の「肉類」「穀類」「野菜」「植物油」を加えてたんぱく質、脂質の割合を調整すれば、簡単にAAFCO基準をクリアできるレシピが作れると思います。

この量は400kcalのレシピ用なので、200kcalのレシピを作りたい場合は、全食品のグラム数を半分にします。

AAFCO基準をどれだけ摂れているかを見てみます。
「ほしひじき」はヨウ素を摂るために使っています。下の方で説明しています。)

基本7食品

かつおけずり節を2.5gとしたのは、2.5gのパック商品が多いためです。この表では活躍していませんが、セレンを摂るために使いました。下の方で説明しています。)

■ 鉄
6食品の合計で 3.7mg 摂れており、AAFCO基準400kcalの場合の最小値 4.0mg に少し足りていませんが、肉類、野菜、穀類を加えたレシピ全体ではもっと増えます。主に、「豚の肝臓」「煮干し」「小麦はいが」から摂っています。

■ 亜鉛
6食品の合計で 2.9mg 摂れており、AAFCO基準400kcalの場合の最小値 8.0mg に全く足りていません。食品から摂ることはあきらめて、サプリメントを使いましょう。

 あれこれ「サプリメントの購入先」

■ 銅
6食品の合計で 0.72mg 摂れており、AAFCO基準400kcalの場合の最小値 0.73mg にわずかに足りていませんが、肉類、野菜、穀類を加えたレシピ全体ではクリアできます。主に、「牛の肝臓」から摂っています。

■ ビタミンA(レチノール当量)
犬はβカロテンをビタミンAに変換できるので、レチノール当量で比較します。
6食品の合計で 3276IU 摂れており、AAFCO基準400kcalの場合の最小値 500IU の約6.6倍です。最大値は50倍ですので、このくらいでも大丈夫だと思います。多くなりすぎないよう注意しましょう。

■ ビタミンD
6食品の合計で 64.7IU 摂れており、AAFCO基準400kcalの場合の最小値 50IU 以上です。主に、「煮干し」から摂っています。
最大値は最小値のわずか6倍です。過剰摂取に注意しましょう

■ ビタミンE
6食品の合計で 5.48IU 摂れており、AAFCO基準400kcalの場合の最小値 5.0IU 以上です。主に、「小麦はいが」「かぼちゃ」から摂っています。

■ ナトリウム
6食品の合計で 157.9mg 摂れており、AAFCO基準400kcalの場合の最小値 80mg 以上です。主に、「煮干し」から摂っています。
多いように思うかもしれませんが、「小動物の臨床栄養学」によると、若〜中齢成犬ではフードの乾燥重量あたり0.2〜0.4%、老齢犬で0.15〜0.35%を摂るように推奨されており、このくらい摂っておくと、ちょうどよくなります。


■ ビタミンB群

基本7食品ーB

6食品の合計で、ビタミンB群は、AAFCO基準の400kcalの場合の最小値以上摂れています。


■ ヨウ素
ヨウ素は、「ほしひじき」0.3g でAAFCO基準の400kcalの場合の最小値以上摂れます。詳しくは、ヨウ素のページをご覧ください。

 わんにゃんの栄養「ヨウ素」


■ セレン
AAFCO基準の400kcalの場合の最小値は 32μg です。
セレンは、七訂食品成分表では測定されていないものが多いので、正確には計算できませんが、「かつお・かつお節」には100gあたり320μgと、最も多く含まれています。「かつお節」とは、かたまりのもののことです。「削り節」は未測定ですが、「かつお節」と同等のセレンが含まれていると考えると、 2.5gで8μg 摂れます。
また、「煮干し」も未測定ですが、「かたくちいわし-生」には 100g 中 40μg 含まれており、「煮干し」にも含まれているはずです。


動作確認テストで完成させたレシピは「基本の7食品」を使って作っています。詳しくは、「計算結果の見方」をご覧ください。

 計算結果の見方

 このページのtopへ