わんにゃんテーブル

メールアドレス:hanakara@vesta.ocn.ne.jp   

 猫の腎疾患

 「小動物の臨床栄養学」より

■ 脂肪酸
・ 食事にn-3 脂肪酸を添加すると、おそらく腎機能が改善する。
・ 実験的慢性腎不全の犬に、魚油、牛脂、サフラワー油を与えた研究では、サフラワー油を与えた犬で最も死亡率が高かった。
・ 慢性腎不全の犬猫に対する最適な脂肪酸濃度と脂肪酸組成はわかっていないが、現在入手できるデータによれば、n-6:n-3=2.5:1未満が妥当なようである。

■ 新鮮な水
・ 尿の濃縮は腎障害を起こすおそれがある。新鮮な水をいつも飲めるようにしておくこと。

■ リン
・ 実験的慢性腎不全の猫の研究では、高リン食群では組織学的異常が認められたが、低リン食群では認められなかった。進行性の腎機能障害は、どちらも検出されなかった。

■ たんぱく質
・ 食事中たん白の制限が、ヒトの腎疾患では有益であるとするデータがある。
・ 猫では、たん白質の制限が腎機能障害の進行を抑制すると考えられる。
・ 腎疾患が自然発生した猫の研究で、高たん白食群では血清クレアチニン濃度が徐々に増加し、たん白制限群では徐々に低下した。
・ 低たん白の食事を与える栄養学的な目的は、尿毒症の症状を軽減することである。
・ 高い生物価のたんぱく質28〜30%(乾物あたり)から19〜21%のカロリーを供給する。(犬猫では、たんぱく質1g=3.5kcal)

■ アミノ酸
・ リジンは一般的な犬・猫用の食事の制限アミノ酸であるが、経験的にトリプトファンがリジンより制限アミノ酸である確立が高い。
・ 理想たん白という意味では、トリプトファンの要求量を満たしている食事が、すべての必須アミノ酸の要求量を満たしている食事といえる。

@はなから
理想たん白=生物価の高いたんぱく質=アミノ酸を過不足なく含んでいるたんぱく質
過不足なくというのは全部が同じ量という意味ではなく、アミノ酸のバランスが良いという意味です。バランスが悪いと、余ったアミノ酸は腎臓で尿素に変えられて排泄されます。
そのバランスを考えた場合、「トリプトファンが満たされていれば必須アミノ酸のバランスは摂れていると考えてもよい」と言っているわけです。 アミノ酸については、アミノ酸のいいわけでも書いておりますように、五訂増補成分表では新しい数値がありません。エクセル表のグラフも人間用の最適バランスを元に作っていますので、犬猫にどこまであてはまるのかわかりません。

■ カリウム
・ 低カリウム血症、高カリウム血症は、どちらも起きる可能性がある。血清カリウム濃度を調べて対応すること。

■ 酸負荷
・ 食事中の酸は、含硫アミノ酸(メチオニンとシスチン)、リン酸、塩酸などである。
・ 動物性たん白は、植物性たん白よりも含硫アミノ酸が多い。
・ 食事中のリン酸塩が酸の酸性に関わるかどうかは、たんぱく質の種類による。
・ 塩酸はリジンやアルギニンなど陽イオンアミノ酸が分解される時に産生される。
・ 過剰な食事中たん白を避け、たんぱく質以外からエネルギーを摂取すれば、酸負荷を抑えるのに役立つ。

■ ナトリウムと高血圧
・ 腎不全の患者は、著しく高いナトリウム摂取量や低い摂取量に耐えられない。
・ 腎疾患から高血圧が起こる場合と、放置された高血圧から腎臓が障害をうける場合がある。
・ 感受性の高い実験動物では、アルギニンを投与すると高血圧の発症を予防できるが、正確なデータが入手できないため、腎不全患者に対する日常的なアルギニンの推奨量が決められるまでには至っていない。

■ ビタミンA
・ ビタミンA過剰症はヒトの腎不全患者でよく見られるが、犬・猫については正確なデータがないので、ビタミンAの推奨量は提示できない。

■ ビタミンD
・ 腎不全が重度な動物では腎臓での合成が低下するので、1,25ジヒドロキシビタミンD濃度が低下している。

@はなから
摂取したビタミンD2,D3が肝臓、腎臓で変化して活性型ビタミンD(1,25ジヒドロキシビタミンD)になる。ビタミンDは過剰症もコワイので、過不足なく摂取していればいいんでしょうか。

■ ビタミンB
・ 腎不全の動物は食欲が減退し、嘔吐、下痢、多尿などもあるため、ビタミンB群が欠乏しがちである。
・ ヒトの腎不全患者は特にピリドキシン(B6)と葉酸の欠乏症に陥りやすいことがわかっている。
・ 腎不全では、チアミン(B1)とナイアシンの欠乏から食欲不振が起こる可能性もある。

@はなから
ビタミンB群は単独で与えず、コンプレックスの形で与えること とピトケアンさんは書いてました。

■ 微量ミネラル
・ たん白尿が著しい場合には、たんぱく質を強く結合している銅や亜鉛などは、喪失される。
・ 正確なデータがないので、微量ミネラルの日常的な推奨量を提示できない。

@はなから
正確なデータがなく推奨量がわからないものについては、NRC・AAFCO基準の推奨量はきちんと摂取することでしょうか。

■ 可溶性繊維
・ 可溶性繊維は、尿素の糞便中排泄を増加させ、血清尿素窒素濃度(BUN)を低下させ、尿からの尿素排泄を減少させる効果がある。

推奨レベル

【水】
常に十分な水を飲めるようにしておく。
脱水、血液減少症、腎血流低下が重度であれば、非経口輸液を行う。

【エネルギー】
非たん白カロリーの形で十分なエネルギーを摂取させる。

【たんぱく質】
たんぱく質の過剰摂取を避ける。30%以下

【ナトリウム】
ナトリウムの過剰摂取を避ける。0.35%以下

【リン】
リンの過剰摂取を避ける。0.4〜0.6%

【酸負荷】
酸の過剰摂取を避ける。

【カリウム】
≪低カリウム血症(特に猫)≫
 → 経口的なカリウムの補給。カリウム濃度の高い食事に変更。
≪高カリウム血症≫
 → カリウムの補給を中止。
   カリウム保持性利尿薬から、ループ利尿薬またはサイアザイド系利尿薬に変える。
   カリウム濃度の低い食事に変更。

%は、すべて乾燥重量あたりです。

この数値を参考にレシピを作りたい場合は、「結果」シートの「疾患別推奨量」の枠内に下の図のように入力します。「%」は入力しなくても、数字を入力すれば出てきます。

猫の腎疾患用推奨レベル

これ以外の栄養素については、他の基準を参考にすることになると思います。
また、人間の話ですが、腎疾患のある場合は、ビタミンCの大量摂取は避けた方がよいそうです。

 リチャード・H・ピトケアン著「ネコの健康ガイド」より

・ 腎臓の機能の1/3が失われるまで、明らかな徴候は現れない。
・ 腎臓の負担になる老廃物を減らす。
・ 老廃物は、過剰なたんぱく質・リン・塩から生じる。
・ 老廃物(尿素)の大半はたんぱく質から生じるので、最大限に活用できる質の良いたんぱく質を、最小限必要な量だけ食べさせる。
・ 体外に流れ出やすい水溶性ビタミン、特にビタミンBとCを補給し、腎臓によいビタミンAをたっぷりと与えること。

 本村伸子著「ペットの老後を健やかに!」より

・ 肝臓とは異なり、腎臓には再生能力がない。
・ きちんとした診断のためには、血液検査が欠かせない。
・ 高たんぱく質の食事は、決して腎臓(糸球体)を傷つけることはない。窒素量の増加は、腎臓に負担をかけると思われているが、これもまた間違いである。
・ たんぱく質の極端な制限は、糸球体ろ過量の減少、たんぱく質の消耗、貧血、アシドーシス(身体が酸性に傾く)、その他の重篤な状態を引き起こすことがある。
・ たんぱく質の量よりも質の方が重要であり、たんぱく質以外の原料からカロリーを摂取することが大事である。
・ 猫は高たんぱく質の食事を必要とし、低たんぱく質の食事は受け入れられないので、慢性腎不全の猫におけるたんぱく質の制限は、十分に考慮すること。

 ドナルド・R・ストロンベック著「犬と猫のための手作り食」より

■ たんぱく質
・ たんぱく質代謝の老廃物を少なくするため、たんぱく質を制限する。
・ 生物価の高いたんぱく質を使用すること。生物価の高いたんぱく質とは、分解されても腎臓が排泄しなければならない尿素、リン、イオウのような物質にほとんどならないもので、卵のたんぱく質は最高の生物価(100)である。
・ 卵のたんぱく質は含硫アミノ酸を多く含むが、アシドーシス症状がない限り、理想的な蛋白源である。
・ 腎臓病の猫のたんぱく質は、24%(乾物量)であり、高い生物価のたんぱく質を与えなければならない。

■ 脂 肪
・ 腎臓病のペットでは、異常脂質代謝が起こるので、コレステロールや飽和脂肪酸の摂取をひかえ、多価不飽和脂肪酸の摂取量の増加は何らかの効果をもたらすかもしれない。いくつかの研究では多価不飽和脂肪酸は慢性腎臓病の腎機能に悪影響を及ぼすことが示唆されているが、証明されていない。多価不飽和脂肪酸をオメガ3脂肪酸に置き換えても、腎臓病の動物にとっては利益はない。

■ ビタミン
・ 腸の吸収が減少し尿中へのロスが増えるため、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンKも欠乏する恐れがあるので添加する。
・ ビタミンDの過剰摂取は、腎臓にダメージを与える。

■ ミネラル
・ 腎臓病は高血圧の原因であり、また、高血圧が腎臓障害を進行させる。血圧を正常に保つことは不可欠である。
・ ナトリウムは、0.24%(乾物量)まで制限する。

・ リンは、0.35%(乾物量)が推奨される。
・ カルシウム:リンは、1:1以上にすることが有効。

・ 猫は犬よりも低カリウム血症になりやすい。少なくとも0.5〜0.6%(乾物量)のカリウムが必要である。
・ ナトリウムはカリウムレベルを低下させるため、カリウム:ナトリウムを2:1以上に保つ。
・ 高カリウム血症は命に危険を及ぼすので、カリウム摂取を減少させる。

・ 充分量のマグネシウム摂取が必要。0.1〜0.12%(乾物量)にするべきである。

・ 腸の吸収が減少し、尿中へのロスが増えるため、鉄と亜鉛は欠乏する可能性がある。慢性腎臓病はしばしば貧血の原因となるので、鉄分の添加はある程度有益である。

■ 酸負荷
・ 食事中の酸(含硫アミノ酸やリン酸)を最小限に抑え、重炭酸ナトリウム・クエン酸カリウム・炭酸カルシウムなどのアルカリ製剤で酸の影響を緩和すること。
・ 適正体重を維持する食事を摂るようにする。

 このページのtopへ