Netscape4以前・Windows版Excel97以前・Mac版Excel X以前 には対応していません 

 はなからくさの部屋 

わんにゃんテーブル

犬猫用の栄養計算表です  エクセル初心者の方でも大丈夫

メールアドレス:hanakara@vesta.ocn.ne.jp    

わんにゃんテーブルは、7つのシートからできています。

7つのシートの図

  ver.3.2以前のバージョンをお使いの方へ

■ 「結果」シート    ちょっと見てみる

 このシートでレシピを作ります。
 食品を選んでグラム数を入力すると、
 計算結果が表示されます。
 計算結果はNRC・AAFCOなどの基準と比較できます。
 基本的に、使うのはこのシートだけです。

■ 「結果の見方」シート    ちょっと見てみる

 計算結果の見方を説明しています。
 体重別参考カロリーの表もあります。

■ 「基準」シート    ちょっと見てみる

 NRC・AAFCOなどの基準が入っています。
 基準からどのように計算したかも一目でわかります。

■ 「レシピデータ」シート    ちょっと見てみる

 レシピで使った食品の成分値が出ています。

■ 「成分表」シート    ちょっと見てみる

 五訂増補食品成分表の中から、
 犬猫に使えそうな食品を600弱と、
 アメリカの食品成分表のデータも少し入っています。
 食品を追加入力することもできます。

■「サプリメント」シート    ちょっと見てみる

 サプリメントの成分を追加入力できます。

■ 「食品比較」シート    ちょっと見てみる

 食品比較表を作りたいときに、ご利用ください。


 

利用規約
わんにゃんテーブルは、どなたでも使っていただけます(無料です)。
自家用レシピ作成のお手伝いもしています(無料です)。
ただし、はなからくさが作った、または、相談にのったレシピを営利目的で利用することはおやめください。
また、「わんにゃんテーブル」で作った食事を与えて、いかなることがおきても責任を負いかねます。すべて自己責任でお願いします。
 

日本食品成分表の使用にあたっては文部科学省の許可をいただいております。ご面倒ですが、ダウンロード希望の方はメールでお知らせください。
また、この表に不具合がみつかった場合、メールをいただいた方にしかお知らせできませんので、二次配布はご遠慮くださいますようお願いいたします。
数値や数式のまちがいをみつけた方は、お知らせくださると助かります。

 

はなからは、何も資格を持っていない普通の主婦です。
血便が治らない愛猫に、ただただまともなご飯を作ってあげたくて、勉強を始めました。

最初は、肉類:穀類:野菜=3:1:1で作ればいいんだってところからです。
AAFCOというものがあるということを知りました。
ピトケアンさんの翻訳本を、待ちに待って買いました。
人間の食品成分表を使ったら、栄養計算できるとわかりました。
「食品成分表」を買いました。
ノートに、ひたすら手計算の日々です。

何か計算ソフトがあればもっと楽かもしれない。
エクセルのマニュアルを買いました。よし、これならできそうだ。
エクセルを入手しました。

ver.1を作りました。
手計算するよりは楽 という感覚だったものですから、今から思えば、恥ずかしいような内容でした。
掲示板でそれを使ってみたいという方がいらっしゃったのが、配布するきっかけとなりました。2003年のことです。

その後、たくさんの方からのご意見を参考に、ver.4までたどりつきました。
貴重なアドバイスをして下さった皆様に心よりお礼申し上げます。


当サイトとエクセル表の食品成分値は、文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補日本食品標準成分表」「五訂増補日本食品標準成分表-脂肪酸成分表編」、科学技術庁資源調査会報告「改訂日本食品アミノ酸組成表」によるものです。食品成分値を複製または転載する場合は、事前に文部科学省への許可又は届け出が必要です。
連絡先: 文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室
                電話(03)5253−4111(代表)


Copyright © 2003 hanakarakusa All Rights Reserved.